医薬品のさまざまな出荷国について

医薬品の個人輸入が増えていますが、こうした場合、どの国から送られてくることが多いのでしょうか。

主な医薬品の出荷国としては、香港、タイ、シンガポール、米国などが挙げられます。

ただし、出荷国と製造国が異なる場合もあります。

香港やシンガポールというのは、そのほとんどが別の国で製造された医薬品だとされています。

これは、香港やシンガポールが自由貿易港として栄えているためです。

タイでは、タイ製の医薬品が出荷されるようですが、一部は香港やシンガポールを経由してくることもあるそうです。

一方で、米国の場合は、価格が高いため、購入しようとする人はあまり多くないとされています。

米国では、米国製の医薬品が直接米国から出荷されることがほとんどだとされています。

諸外国では、その国の経済水準に違いがあり、医薬品の価格にも違いがあります。

そうした価格の違いというのが、輸入代行を通じて個人輸入をするメリットのひとつとされています。

なお、最近では中国からの輸入も増えているといわれていますが、漢方薬も含めて中国からの個人輸入を代行する業者というのは避けた方が賢明だとされています。