ジェネリック医薬品になるまで

医療用の医薬品についても、製品ごとに値段が違ってくるものですが、中身はほとんど同じというケースがあります。

まだ世の中に存在しない状態から、新製品として販売される薬品(先発医薬品)については、価格が高めに設定されるものです。

それに対して、既に世の中に流通している薬品を、さらに安価にして販売するものはジェネリック医薬品と称されます。

◎コストの違い

先発医薬品を世に流通させるには、長い時間を費やして研究を重ね、100億単位の予算も必要になります。

後発医薬品はこうしたコストが必要なくなるので、中身は同じであっても製品化するまでのハードルが遥かに低くなっています。

投与・服用したときの安全性についても、後発医薬品は検証する必要がないため、すぐに販売することが可能です。

様々な面で後発医薬品は有利になっているため、価格についても安く設定でき、採算が取れる仕組みになっているのです。

◎質に差はあるのか

基本的な部分ではジェネリック医薬品は、既に流通している先発医薬品と違いはありません。

ただ、完全に同じ成分である医薬品というのは、審査を通過できません。

微妙な部分で違いがありますので、それが影響して2つの医薬品に効果の度合いで差が生まれることがあります。

質の差というよりは、体質や症状による相性の差と言えますので、どちらが上という意味ではありません。

◎価格はどれほど違うか

オリジナルの先発医薬品の価格を10とすると、後発のジェネリック医薬品は1で販売されることも少なくありません。

前述したように、コスト面で大きな差があるため、利用者にとっては同じ医薬品でも10倍前後の価格差が生まれるのです。

※スグにジェネリック医薬品を購入できる

ジェネリック通販サイト
海外医薬品(ジェネリック医薬品)をネット予約さえすれば、後はご自宅まで配送してくれる話題の通販サイト【おくすりクリニック】
興味のある方はコチラまで⇒http://www.kusuri-c.com/